車を担保にお金を借りる

急な出費があり、まとまったお金が必要だが、銀行も消費者金融も審査が通らない。こういった場合に、マイカーを担保にお金を借りる方法があります。
借入できる金額は、マイカーを査定してもらい、その査定額に応じた金額を融資してもらう方法です。

 

融資金額を左右するものに借入方法

一つは、マイカーを業者に預けて融資を受ける方法。
もう一つは、マイカーに乗ったまま融資を受ける方法です。

 

資金は必要だが、日々の生活にマイカーが欠かせない場合は2番目の方法を選択することになりますが、融資金額は預ける場合に比べて少ない金額になります。
また、預ける場合には、業者側でキズの有無や箇所、走行距離等を確認し預かり証明書が発行されます。
金利は、6〜20%の前後であることが多く、車を預ける際にには別途保管料などが掛かるケースもあります。

 

返済方法は、任意弁済、元利均等返済、期日一括返済などライフプランにあった返済方法が選択できます。
借入期間は、1〜5年の場合が多く、銀行のマイカーローンに比べて短めの期間設定となっています。

 

冒頭でマイカーについて記載しましたが、業者によっては他人名義のものやスポーツカーから軽トラック、大型バイクから原付まで様々な種類を担保とすることが可能です。
電話やインターネット、店頭で申込ができ、融資までの期間も短いです。

 

申込の際の注意事項として、査定金額があります。

 

土地や建物の評価は、公示価格や固定資産税といった公的なものから民間保険会社の査定額まで、ある一定の担保としての評価が確立していますが、マイカーの担保融資については、担保としての評価額が確立していません。

 

よって、借入をする前に大手の車買取業者などで査定をしておき、担保融資の際の査定額と見比べることが必要です。
理由としては、悪徳業者なども多く存在しており、極端に低い査定金額を提示され、それに伴って借入金額が低く設定されるケースがあるからです。
大切なマイカーを担保として借入をするので、適正な評価を受け、それに見合った融資を受けられるようすることが大切です。