友人・知人からお金を借りる

まとまったお金を借りる必要が出て来た場合、どこでお金を借りるのか考えなくてはなりません。
また、必要なお金の金額が数万円程度であり、それほど頻繁にお金を借りる事が無い場合では、友人に頼んで借りる事も可能です。

 

しかし、親しき中にも礼儀ありと言う言葉があるように、あまりお金を友達から借りたいと考える人は少ないものです。
しかしながら、身近にお金を借りれる人が居ない場合は、消費者金融などでお金を借りる方法もありますが、手数料や利息を考えると知り合いから借りた方が安く済むわけです。

 

まとまった額のお金を知り合いなどの友人から借りる場合は、その人がお金を持っている事が前提条件としてあります。
また、親しい仲であることや、信頼している事が重要視されます。
知り合いからの信頼があれば、お金があれば多少の金額でも貸して貰う事は可能でも、お金を持っていない場合や、過去に貸したお金が戻るまでに時間が掛かっている場合、信頼が薄い場合などではお金を借りる事は難しいものです。

 

それでも、信頼があり、お金があれば貸してくれる事もあります。
この場合大切な事は、書面を作成しておく事です。
いついつ、幾らお金を借りて、何時返済をするのかを明記した借用書を作ります。
この借用書は、高額な金額になった場合では、第三者を交えて行う事でより効力を持ちますし、信頼も得る事が可能です。

 

10万円、100万円と言う金額のお金を借りる場合は、100円や1000円とは異なり額も大きくなりますので、必ず返済を行う事を約束する借用書を作る事は、親しき仲にも礼儀ありと言う言葉に順ずることでもあるのです。

 

消費者金融などかお金を借りる場合でも、お金は返済をする義務が有るのと同じで、知り合いから借りる場合も返済を行う義務があります。
尚、知り合いと言う事もあり、利息などを支払う必要が無いのは、消費者金融など金融会社からお金を借りるのと異なる点と言えるのです。