生命保険でお金を借りる方法

まとまったお金が必要になった時、その調達方法の選択肢は非常に多岐に渡ります。現在、銀行や消費者金融など様々な金融会社より数多くの商品が出されております。

 

それぞれに特徴もあり金利も様々です。特に銀行系の自動車ローンなどは、公共料金の引き落とし指定口座としてその銀行が用いられている件数や、自行系クレジットカードの所有、免許証がゴールド免許か否かによって優遇金利がうけられていたりもするので一度窓口で自動車ローンについて色々と確認してみるとお得な金利の情報が手に入るかもしれませんね。

 

それら数あるお金を借りる方法の一つとして案外見落としがちなのが生命保険会社の契約者貸付を利用する方法です。まさかの事態に備えて生命保険に加入してみえる方はかなりお見えなのではないでしょうか。

 

しかし、その保険が担保になる形で契約者貸付というシステムがあることをご存知な方は少ないように感じられます。契約者貸付はその契約の金額やそれまでの継続年数、そして積み立て配当金などに応じて借りられますので、実際の貸付限度額も人それぞれです。

 

契約者貸付

そしてその貸付金利も実際に契約を始めた時期や現在の運用状況等、によって変わってしまうのですが、借り入れ金額によって変わるという事はありません。実際の契約者貸付の限度額がいくら位か、貸付金利がどれ位なのかは保険会社の問い合わせ窓口や、保険会ホームページ上から契約者様用のページにログインして契約者貸付のページで確認できます。

 

実際にその貸付金利を確認してみますと思ったよりも高くなく、銀行系の自動車ローンで借り入れるよりお得であることも多いのです。長く続けている契約なら限度額も多いですし、また自動車購入の不足分の全額がまかなえない場合でも、それを頭金の一部として残りを銀行系の自動車ローンとして組む方法もあるのです。まさかの備えとして継続していた保険が思わぬところで活きてきたりもするのです。どうせお金を借りるなら色々調べて賢く借りたいものですね。