任意整理などをすると一定期間お金を借りる事が出来ません

任意整理というのは債務整理の一つです。
過去の支払いの中から過払い金を算出し、過払い金を債権者に対して返還請求を行います。
過払い金というのは、余計に払いすぎている利息の事であり、本来支払う必要の無い過剰利息になります。

 

お金を借りている期間が長い場合や、借りている額が大きい場合などでは、過払い金の額も高額になる事が多くあり、その結果借金の大半を過払い金で返済する事が出来るケースもあると言われています。

 

過払い金を計算するためには、債権者に対して返済履歴の開示を求める事になり、多くの場合は弁護士などに依頼をして行う事になります。
過払い金が戻る事で、借金の残りを返済しますが、それでも全てを返済しきれるわけではなく、大半の場合、債務は残る事になるのです。

 

残った債務は返済を行う義務があり、それを一定の期間(3年などの期間)の中で分割して支払って借金を整理する方法となります。

 

この方法は、一定の収入が見込める場合の債務整理であり、収入が見込めず、返済能力が無い場合は、自己破産という債務整理を行う必要が有ります。
お金を借りる場合は、返済能力が必要になりますが、何らかの理由で返済能力を失う事で自己破産をしなければならないケースも出てくるわけです。

 

ところで、お金を借りる場合は審査を行う事になりますが、この時過去に自己破産などの債務整理を行うと、情報機関にブラックとして登録される事になります。
これは一般的にブラックリストに掲載されると言う表現になりますが、事故情報として登録が行われ、審査の際にこの情報の中に融資を受けに来た人が登録されていないかどうかを確認するのです。

 

仮に、登録されていれば、ブラックとみなされますので、審査に通る事はありません。
そのため、お金を借りる事が出来ないのです。
但し、これは一生涯ではなく5年と言う期間が定められており、この期間を過ぎればお金を借りる事や、クレジットカードを作る事が可能になるのです。